ペイントホームズ
三鷹店

塗装工事の色選びと色決めに色見本帳を使う理由

【塗装工事前に色見本帳を使って色選びをしておく】

塗装工事をすることになったら、塗装会社とどんな色にするかを話し合って決めることになります。この際に迷って決められないと無駄な時間を費やしたり、業者にすべて任せて後から失敗したと悔やんだりすることがないように、事前に自分である程度色選びをしておくと良いでしょう。

 

その後、担当者に好みの色を伝えるのですが、口で言っても正確に伝わるかどうか分かりません。そこで、日本塗料工業会が出している色見本帳というものを使うと間違いがないでしょう。この見本帳は一般的に使われる色の分類をしていて、非常に多くの種類が掲載されています。種類が多いので好きな色を見つけやすく、塗装会社も同じ見本帳を持っているはずですのでそれを伝えれば正確に伝えられるでしょう。

 

【塗装メーカーの色見本帳で色決めをしていく】

塗装工事会社によっては、事前にカラーシミュレーションをしてくれるところもあります。これは、実際の建物を写真に撮ってから、パソコンやタブレットで処理をして完成後の色を付けていくというものです。仕上がりのイメージがしやすいので最終的な色決めをするのにぴったりでしょう。

 

とはいえ、使用する塗料によって存在する色とそうでない色があります。塗装工事会社は選択した塗料のメーカーが出している色見本を見せてくれます。そこから選んだ色をカラーシミュレーションに適用し、より完成に近い配色を作っていくわけです。

注意:ここで一つ注意していただきたいのが、カラーシミュレーションはあくまで完成後のイメージとして活用されるといいでしょう。