ペイントホームズ
三鷹店

防水する箇所によって防水の種類が変わるって本当?

 

今回は防水工事についてお話しようと思います。お家に防水が必要な箇所がどこなのか把握していますか?一般的なお家であれば、ベランダやバルコニーなどが当てはまります。

 

防水の種類

簡単に分けると、「貼る防水」「塗る防水」に分かれます。

「貼る防水」

塩ビシートやゴムシートなどがあります。シート状の防水材を1枚1枚張り合わせて施工する方法です。繋ぎ目があり、技術がないとムラができてしまいます。

「塗る防水」

ウレタン塗膜防水やFRP防水などがあります。液状の防水材を塗り重ねて施工する方法です。ベランダやバルコニーなど狭い箇所や形状が複雑な箇所に向いています。シート防水と比べて金額も安いので、コスト面を重視される方におすすめです。

 

他にも「アスファルト防水」というものがあります。これは、「貼る」と「塗る」を掛け合わせたもので、耐久性が高く、とても丈夫です。ビルやマンションなどメンテナンスがあまりできない場所に向いています。防水の中でも金額は高額ですが、その分メンテナンスの回数を減らすことができるメリットがあります。ただ、ベランダなどの狭い箇所には基本的に使用できません。

 

防水には、それぞれ向き不向きの施工箇所があります。防水工事をお考えの方はどの防水方法が向いているのかチェックしてみましょう。